ホワイトニング

ホワイトニングであなたの歯を白くしませんか?

ホワイトニングであなたの歯を白くしませんか?

誰かの白い歯を見て、うらやましく思ったことはありませんか? 歯は、色素の強い飲食物の摂取や喫煙、また年齢を重ねることなどによって、年々黄ばみを増してしまいます。「もう一度白い歯になりたい……」と願う方は少なくありません。

そんな想いをお持ちの方にご提案するのが、ホワイトニングです。身体にやさしい薬剤を使って歯の色を白くする処置で、近年多くの方が受けられています。あなたもホワイトニングで理想の白い歯を手に入れて、すてきな笑顔を取りもどしませんか? 宇都宮市吉野の「みき・さくら歯科」にお気軽にご相談ください。

歯が黄ばむ原因

加齢

歯の表面のエナメル質の下には、黄色みを帯びた象牙質があります。そのため、エナメル質が経年によって少しずつ削られて薄くなり、内側の象牙質が透けると歯が黄ばんだように見えてしまいます。また、象牙質自体の黄色みも、加齢によって強まるので、だんだんと歯が黄色くなっていくのです。

食べもの・飲みものの色素

コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなど、色素の強い食べもの・飲みものは、歯を変色させる原因になります。そのため、歯への色素の沈着を防ぐには、食後すぐの歯みがきやうがいが有効です。

喫煙

たばこのヤニが、歯の表面にべったりと貼りつくと歯の黄ばみを強くします。そのため、喫煙を続けていると、いくらホワイトニングをしてもふたたび歯は黄ばんでしまうのです。歯の白さを保ちたい方には、ホワイトニングを機に禁煙されることをおすすめします。

むし歯

むし歯にかかると歯は徐々に白く濁っていき、黄色くなり、やがて黒ずんで穴があきます。白濁している段階は、まだ初期のむし歯だと考えられるため、早めに治療を受けましょう。なお、重度のむし歯で神経を取り除いた歯も、変色していきます。

テトラサイクリン

「テトラサイクリン」という抗生物質を長期的に服用していた場合、象牙質が徐々に変色して歯が黄ばんでしまうことがあります。また妊娠中に服用した場合には、胎児の歯が黄ばむこともありますので、注意が必要です。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

まず医院で歯型を採って、個人専用のマウストレーを作製します。ご自宅でそれに低濃度の薬剤を注入して、毎日一定時間、歯に装着して歯を白くしていく方法です。効果が現れるのには日数を要しますが、ご自宅でお好きな時間に行えるなどの特徴があります。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 比較的白さが長続きします
  • 低濃度の薬剤を使用するため、刺激が少なく安全です
  • ご自宅でじっくり行えます
  • 奥歯を白くすることも可能です
  • 効果が現れるまで数週間続ける必要があります
  • 白さの調整はあまりできません
  • 自分で行う手間がかかります
ホワイトニングの注意点
処置前には
  • ホワイトニング効果には個人差があります
  • 詰めもの・被せものなどの人工物は白くなりません
  • 抗生物質(テトラサイクリン)による変色は、白くならない場合があります
  • 18歳未満の方、妊娠中・授乳中の方は、ホワイトニングは受けられません
  • むし歯や歯周病などがある場合には、そちらの治療が優先です
処置中には
  • ホワイトニング前には、歯みがきをきちんと行ってください
  • 薬剤の管理・使用については、医師の指示にしっかりと従ってください
  • マウストレー装着中には、飲食・喫煙はできません
  • ホワイトニング期間中は、歯は再着色しやすい状態ですので、色素の強い飲食物の摂取や喫煙は控えましょう
処置後には
  • 白い歯を維持するためには、定期的なメインテナンスが必要です

笑顔に自信を取りもどしませんか?
ホワイトニングのご予約はこちらからどうぞ